英語塾-大学受験-英語専門塾

 
   阿佐谷英語塾

早期の長文読解力養成と徹底英作文対策,難関大学受験のための英語塾。

メッセージ お知らせ Keys to Success 地図と受付時間 日程と授業料 合格実績 体験記 一学期 夏期 二学期

阿佐谷英語塾HOME > 自由英作文対策(解答例・暗記例文)100題

(1.31.2017 更新)
ホームページ移転のお知らせ

多様なテーマの自由英作文問題には,十分な対策が必要です。構成(書き方)・文法・構文の知識に加え,主題に則した語彙と背景知識を求めらます。東京・一橋・東京外語・早稲田(法/政経/国際教養)・慶應経済など難関大学の入試過去問に,適切な解答例を提示しています。

新たに(自由)英作文用暗記例文:短文&中文のページを設けました。英作文はあくまでも英借文であり,It is 形容詞 to や It is 形容詞 that...といったごく基本的な英語表現でさえ,後天的に暗記・習得したものにすぎません。しかし大多数の受験生にとって,1-2行から数行の文を覚えるのと,数十行の文を覚えるのとでは,たとえ母国語であっても相当な負担差があることは否定できないでしょう。
したがって,まず短文・中文の英文を書けるようにしておいてから,与えられたテーマについて自分の意見を英語で述べるという,自由英作文特有の問題に取り組む二段階方式も採り入れることにしました。日本語であっても自分の意見を組み立てるのに苦労する受験生が少なくない現状では,その前提・基本となる英語の表現(語彙や構文)が身についていないと,自由英作文というレベルにはなかなか到達できないからです。
ただし,あくまでも自由英作文対策ですから,たとえ重なる部分があるとしても,これといった事実の指摘や主張を伴わない例が多い和文英訳対策の場合とは,語彙や表現の選択に差がなければ意味がありません。この点を踏まえて,筆者の主張が述べられている長文読解問題とその復習テストで取り上げた英作文の一部を,短文から中文の暗記例文として提示していきます。しかし受ける大学によっては,上級レベルの和文英訳対策としても役に立つと思います。

また自由英作文の書き方と採点基準を別ペ-ジに掲載しました。事実に基づかない極端なアドバイスをしているサイトもあり,誤った情報が受験生をミスリ-ドする恐れがあるからです。

自由英作文に限らず,英作文は誰かに添削してもらう必要がある。これは必ず言われることだが,入試を間近に控えた仕上げの時期まで常に添削者を確保できる環境にある人はそう多くない。また受験勉強は本来,授業の予習・復習を含めて,自学自習に多くの時間を当てるものであり,自由英作文だけは自分一人ではやりようがないとなると,配点は高いのに,対策は手薄になる。そこで,短文の暗記例文をある程度覚えた段階でいざ過去問に取り組んでみると,思ったほどうまく書けないか,あるいは一応書いてはみたものの,これで良いのか悪いのか自分では判断のしょうがない。「○本」等,色本の過去問集の解答例と照らして,なるほど「自分の答えよりはよく書けている」と納得はするものの,その先に進む方法がわからない。解答例を手本にして,自分で自分の答えを添削するのは,一部の単語の使い方を別とすれば,まず不可能である。指定に反していなければ何をどう書いてもよいのが自由英作文だからである。与えられた英語を日本語に訳す英文和訳や,与えられた日本語を英語に訳す和文英訳との根本的な違いである。

そこで,発想を転換したらどうだろう。文章全体の構成・単語やイディオムの使い方を含めて,まず,実際に入試に出題された問題の解答例を暗記例文として丸々暗記してしまうのだ。仮に入試でほぼ同じテーマの自由英作文が出題された場合には,指定の語数が大きく違わなければ(少し語数を調整するだけで)確実に満点を,少なくとも合格点は,確保できるだろう。もちろん2-3題や3-4題の英文を暗記する程度では,似たようなテーマが出題される保証はない。しかし1題当たりの語数が 100語として,10題で1000語,20題なら2000語分の,異なるテーマの英文をインプットすることになる。そこに出てくる「使える」単語やイディオムは英語を書く際に相当な戦力になる。英語の文章の構成パターンもほぼ身につく。実は10程度のテーマをうまく組み合わせると,たいていのテーマに対応することもできる。しかしそれを主な狙いとするわけではない。英語の文章の書き方と必要な語彙が身についていれば,借り物でない自分の考えや発想を英語で表現するのは,それほど難しいことではない。基本的な母国語の作文力があれば十分に対処できる。

問題は暗記する英語の例文の選択である。入試の過去問から良問と言えるテーマを選んで「阿佐谷英語塾」が提供する。語数は50語程度の大学・学部もあれば,200 語以上を求める大学・学部もあるので,中間的な 100語程度からスタートする。一橋大学の自由英作文は,大まかなテーマを提示するだけで細かい指定が付かない。応用範囲が広いので,何年分か利用させていただく。ただし,あるテーマに関する解答例を音読・筆写して暗唱するだけでは,ただの丸暗記と変わらない。自分自身の表現として使いこなせる実感が湧かないかもしれない。したがって,解答例を提示した後で,あえて一度日本語訳を提示する。問題演習としては一見,和文英訳の形をとる。もちろん事実,十分に上級レベルの和文英訳の演習にもなるが,同時に,ある程度自分の英語力に自信のある人,あるいは自信のついた人は,この「英語→日本語→英語」という過程で,内容の面でも表現の面でも自分独自のアレンジを加えていけばよい。しかしそうするとまた添削が必要になる人は,(通塾生は別として)そのまま元の英語を正確に復元することで,まとまった英語の表現を血肉化する作業を継続してほしい。的外れでないかぎり,努力は必ず報われる。

☆ご覧いただくには, Adobe Reader が必要です。無料ダウンロードなさる方は Adobe をクリックしてください。

自由英作文(解答例・暗記例文) 一橋-1 2014 テンプレート型解答例 2.17.2016
 2001(後期を含む)-2006, 2013-2014
自由英作文(解答例・暗記例文) 一橋-2 5.15.2016
 2015-2016

自由英作文(解答例・暗記例文) 早稲田(法)1 12.8.2010
 2002-2009 (2003を除く)

自由英作文(解答例・暗記例文) 早稲田(法)2 4.27.2015
 2010-2015

自由英作文(解答例・暗記例文) 早稲田(法)3 4.16.2016
 2016-

自由英作文(解答例・暗記例文) 早稲田(国際教養) 1.31.2017 
 2006-2016 (2011を除く)

自由英作文(解答例・暗記例文) 早稲田(政経)1 補足 12.23.2013  
 2008-2012

自由英作文(解答例・暗記例文) 早稲田(政経)2 4.17.2016
 2013-2016

自由英作文(解答例・暗記例文) 東京-1 2011 → 順番並べ替え 12.24.2016 
 2005-2010

自由英作文(解答例・暗記例文) 東京-2 9.7.2014
 2011-2014

自由英作文(解答例・暗記例文) 東京-3 5.2.2016
 2015-2016

自由英作文(解答例・暗記例文) 東京外国語 4.2.2013
 2008-2012

自由英作文(解答例・暗記例文) 慶應(経済) 2.10.2015
 2015

上記の対策に加えて 最難関大学英作文・自由英作文対策 でさらに別の対策・方法を提示しているので,こちらも参考にして欲しい。


英語専門塾 大学受験 阿佐谷英語塾

クレジットカードの審査