阿佐谷英語塾HOME >塾長のメッセージ >英語民間試験導入の問題点

(2018.6.17 更新)英語民間試験導入の問題点

2020年度(2021年の入試)から,現行のセンター試験に代わる「大学入学共通テスト」が実施されることになっているが,最も大きな変化は「英語民間試験」の導入である。従来の「読む・聞く」に加えて「書く・話す」が課されるわけだが,本丸はスピーキングである。日本人は中学・高校と6年間,英語を学習しても一向に英語を話せるようにならなかった,とこれまでも散々言われてきたが,自民党文教族と文科省は,いよいよアクセルを強く踏む方針を固めたようだ。

もちろん財界の意を汲んでいることは言うまでもないが,いっぽう民間試験の導入の旗を振り続けてきた「民間有識者」の存在と影響も無視することはできないだろう。東大を始めとする国立大学の方針も二転三転し,外部からの相当な圧力も指摘されているが,詳しい事情がわからないので,深入りは避けたい。私個人としては,本当に効率的に英語を話す力が身に着く有効な方法があるならば,その方法を採り入れること自体に反対する理由はない。とはいえ「コミュニケーション重視」の掛け声の下,極端な文法軽視・無視を正当化して,不自然な英語教育を押し進めてきた経緯を考えると,「お上」の方針に諸手を挙げて賛成する気にもなれない。

ネット・新聞・雑誌等で判断の材料を探してみたが,予想以上に情報が不足していた。「民間英語試験(の導入)」で検索すると相当な件数がヒットするが,時系列ではなく,また重複する情報が多いので,問題の経緯を正確に掴むのは容易でない。地方紙に比べると,大手の全国紙は驚くほどこの問題に関心が薄い。国会で論議の対象になった形跡も見当たらない。(その後6月6日に衆院文部科学委員会で野党議員がこの問題を取り上げたが,議論は深まっていない。)情報の発信者として目立ったのは「カリスマ英語講師」の安河内哲也氏であった。そこで氏の発言や授業のビデオを拝見したが,正直に言って I was shocked. と言っても過言ではない。真意はわからないが,最も熱心に英語の四技能の重要性を訴えて,自ら模範になろうとしている人の授業が次のビデオのようだとすると,民間試験の導入によって英語を「読んで,書いて,聞いて,話せる」ようになることなど夢のまた夢と言わざるを得ない。

英語の先生はもちろん,高校生であっても,ある程度英語の4技能を身に着けている人であれば,私の言わんとするところは分かってくれると思いたいが,これは過大な期待に過ぎないかもしれない。したがって,後日,改めてコメントを付したい。なお2017年12月に日本で発売された「ポケトーク」のビデオはセールス・プロモーション用なので,少し割り引いて評価する必要があるかもしれないが,ネットで公開されている諸々の英語のスピーキングの授業の現実と比べると,今後の帰趨を占う一つの材料にはなるかもしれない。現在,日本の中学・高校で行われているスピーキングの授業は,英語の習得よりも,むしろ学級崩壊対策・いじめ防止対策として役立つのではないかと思われる。

安河内哲也氏 英語スピーキングモデル授業

安河内哲也氏 東進ビデオ ①

安河内哲也氏 東進ビデオ ②

ポケトーク 日英自動翻訳

ポケトーク 日仏自動翻訳

ポケトーク 日中自動翻訳

(2018.6.6)驚きの連続と言ってよい,安河内氏のモデル授業の問題点を二つだけに絞って指摘したい。氏の発言の関係箇所の文字お起こしは以下の通りである。

When I go to America, I intentionally use Japanese English.
I speak Japanese English like this.
I speak samurai English because I don't want to lose samurai spirit.
So you can speak in samurai English.

※引用箇所の前の文脈からすると samurai English とは Japanese English のことであり,つまり English spoken with poor pronunciation のことである。しかし,そもそも "samurai spirit" とは何のか。「武士道(の精神)」のことだとすると,Japanese English を話すことと samurai spirit を保つことはどういう関係があるのか。

This person is standing in front of the North Korean door like this.
He was protecting Japanese students from North Korean soldiers.
I talked to him in English, and I said, "How old are you?"
And he said, "I am twenty years old, I am a college student, and I now work for the military."
I was shocked.
I was a twenty-year-old college student from Japan, fooling around in Korea, having fun.
And he was risking his life to protect us, Japanese college students.

※This person とは板門店で警備に当たっている韓国軍の兵士のことである。見学ツアーの参加者は,写真撮影は認められているものの,警備の兵士に話しかけることは禁止されている。ただし,安河内氏が二十歳の学生だったのは30年前のことであり,可能性はきわめて低いとはいえ,会話を交したという氏の言葉を作り話と断定することは控えたい。問題は二度繰り返されている He was protecting Japanese students from North Korean soldiers. という発言である。安河内氏は韓国通であり,38度線や板門店の役割は十分承知しているはずである。あまりにも短絡的な事実に反する発言は,いくら speaking English が目的とはいえ,授業に参加している高校生(上野丘高校は大分県きっての進学校である)に対して不誠実である。

外国語とはいえ,小学生レベルの話を聞かされていれば,思考の回路も小学生並に退行現象を起こすのは当然であり,生徒たちの高校生とは思えない幼い表情に如実に表れている。学級崩壊対策として役立つゆえんである。要するに安河内氏のネット上の諸々の発言には「英語を話すことは素晴らしい」という以上の中味がなく,知性や教養を感じさせるものがない。東進のビデオ授業の内容にもそれが表れているが,氏を「カリスマ英語講師」として崇拝している人を批判するつもりはない。何事も「信ずる者は救われる」からである。ただし,氏が強力な擁護者となって推進する「英語民間試験」の価値そのものが損なわれることを危惧する。もっとも,予定されている8種類の試験に,元々損なわれるだけの価値があればの話である。

(2018.6.17)「共通テスト」という名前で8種類の民間試験を使用する整合性のなさ,受験機会の格差,採点の公平と公正に対する疑念等を置き去りにして,なぜそれほど急ぐのか。拙速なことは明らかだが,こうした指摘はすでに高校・大学の現場からもなされている。したがって,前回と同様に,別の視点からこの問題を論じたい。英語の4技能を均等に身に着ける英語教育が世界のトレンドだというのが推進論者の主張だが,スピーキングが本丸であることはすでに指摘した。旗振り役の安河内氏が,"samurai English" を駆使した「聞く・話す」が得意なのは事実だと思われるが,問題はその中味のレベルである。それが端的に表れるのが writing あるいはそれに相当する speech や presentation であろう。ネット,動画,受験参考書等を探していて次のスクリプトが見つかったので,紹介したい。

English is the language of the world. English is not just an American language now. English is not just a British language anymore. The global use of English might be a product of wars and the sad history of colonization.
But look at the facts. English is used all over the world for businesses and academic use, so it' s everyone’s language now. Over 50% of English speakers are non-native speakers, like us. That means if we go to Africa and talk to the children there, they will say to us,“Welcome to Africa!” Isn’t that wonderful?
If you go to Russia and talk to the young people walking there, they will say to you, "Hello, comrades, welcome to Russia!” Isn’t that great?
That's why I teach English. That' s why I want all young people, and all businesspeople to master English. And... and I want you, I want us all to feel the joy of communication. So, why not study this wonderful language more, and why not teach your employees this wonderful common language that connects everybody in the world? This will undoubtedly help build a more peaceful world. If you think you can, you can. If you think you can’t, you can’t. So, let’s introduce speaking tests. And make your students, and employees smile.

※英語検定協会と産業能率大学共催のフォーラムの講演(2014.9.3)の一部であり,安河内氏が自分で書いたのではないかもしれない。したがって,カンマに関しては産能大の担当者が自分の判断で打った可能性もあるが,内容を勝手に書き換えたということはあり得ない。「突っ込みどころ満載」だが,指摘は最小限に止めたい。なお安河内氏は,前回のモデル授業のビデオの中で "When you speak, you can make mistakes. When you write, be very careful." と明言している。

1. English is the language of the world. → English is a language of the world. 
*the だと英語が世界で唯一の言語になる
2. English is used all over the world for businesses and academic use. → English is used all over the world for business and academic purposes
*businesses は「会社,商店」の意味になる
*is used ... for ... use はおかしな表現 
3. if we go to Africa and talk to the children there → if we go to Africa and talk to children there
*the children there だとアフリカの特定の子供たち,あるいはアフリカの子供たち全員と話すことになる
4. If you go to Russia and talk to the young people walking there → If you go to Russia and talk to young people walking there,
*the young people walking there だとロシアを歩いている特定の若者,あるいはロシアを歩いている若者全員と話すことになる 
5. That's why I want all young people, and all businesspeople to master English. → That's why I want all young people and all businesspeople to master English 
*カンマ不要
6. And make your students, and employees smile. → And make your students and employees smile.
*カンマ不要
7. If you think you can, you can. If you think you can’t, you can’t.
*can, can't の後に動詞を補うとしたら何か。build a more peacefu lworld だと So, let’s introduce speaking tests. とつながらない。その前の why not study ... and why not teach ... の部分を受けていると思われるが,であるならば and why not teach your students and employees ...とするべきである。そうすれば,結びの文 And make your students and employees smile. と整合する。要するに,このスピーチは casual conversation「雑談」の域を出ていない。文字どおり "enjoy making mistakes" を実践しているだけである。Practice makes perfect. は氏の謳い文句だが,いい加減なプラクティスからパーフェクトが生まれるはずがない。

発信型の英語力を養うことに異論は無いが,そのプロセスと方法,時間配分には慎重でなければならない。アウトプットには十分なインプットが必要だからである。オリンピックにかこつけた観光客の道案内など矮小な目的に目くらましされてはいけない。日本を訪れる観光客の大半は英語を話せない中国人と韓国人である。「ポケトーク」にも遠く及ばないレベルのスピーキングの授業は,実は「日本人同士の」和とコミュニケーションを図っているに過ぎない。だから学級崩壊対策だと考えれば,それなりの意味はあるだろう。言うまでもなく,拙速な民間試験導入の受益者は中高生自身ではなく,英語産業・英語業者である。安河内氏とは私的な接点は皆無だし,個人的な好悪の感情もいっさい無いが,日本の英語教育を,世界で通用する本物の英語力の養成とは真逆な方向に誘導している責任を自覚してほしい。なお英語4技能習得の優先順位については,改めて論じたい。


英語専門塾 大学受験 阿佐谷英語塾